ゴルフと腰痛

golf

当院にいらっしゃる患者さんは、ゴルフが趣味の方が多くいらっしゃいます。

ゴルフは上半身と下半身の捻転差を利用してボールを飛ばすので、腰に負担がかかりやすいスポーツです。

タイガーウッズ選手も腰痛が原因で第一線でのプレーができなくなってしまいました。

ゴルフをされている方のお身体を施術して思うのは、臀部の筋肉が緊張しているということです。

身体の回転は股関節を中心にしているため、どうしても臀部に負担がかかります。

ちょっとした実験です。

椅子に座って、胸の前で手を合わせて左右に振ってみましょう。

30度くらいの振り幅ではないでしょうか?

次に立って、胸の前で手を合わせて左右に振ってみましょう。

90度近い振り幅になりませんか?

これは立って股関節が働くことで、回転する可動域が増していることを示します。

背中が固くてボディーターンができない、という方がいらっしゃいますが、股関節周辺の筋肉をストレッチしたり、ほぐすことで柔軟性がでて、ボディターンがしやすくなります。

ラウンドの後は、股関節のストレッチも十分に行うと腰痛の予防になります。ぜひお試しください!

関連記事

  1. cat

    寝返りを打つと腰が痛い

  2. 高校生の腰痛

  3. 整体院に行くタイミング

  4. 茂原カントリー

    トランプ大統領来日

  5. 腹筋運動と腰痛

PAGE TOP